読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マルミさんとの平々凡々な日常

小柄でちょいぽちゃ男子(もうすぐアラサー)な「マルミさん」との同棲日記。マルミさん、たまにはいいこと言うんです。

結婚願望とは

あさりです。こんばんは。

 

マルミさんと共に暮らしてから、それを知ってかしらずか、「結婚しないの?」と聞かれることが多くなりました。

実は、マルミさんとは結婚について話をしたことはほとんどありません。確か、「何歳までに結婚したい?」と5年ほど前に聞かれたことはありましたが、「まあ30くらい?」と至極無難な回答をした記憶しかありません。

 

私もマルミさんも、結婚を意識していないというのではありません。マルミさんは無頓着無関心に見えて大真面目なので、いざという時までは核心的なことは口に出せないのではないかとも思ってます。

 

ではなぜ、あさり氏はその話をしないのか?

 

簡単なことです。あさり氏には世に言う「結婚願望」がありません。

ゆえに、自分が結婚するという事に全く実感が湧きません。

微妙な仲の両親を見て来たからか、恋愛より人の期待に応えることに重きを置いてきたからか、結婚したいと強く思ったことがありません。友達の結婚式に参加しても、小さい子供を見ても、です。

決して結婚したくないわけではないのです。結婚というものに対して積極性に乏しいというだけです。

 

それに似て、「子供が欲しい」という願望もありません。特別子供が好きなわけではないので(嫌いなわけでもないですが)、まあ将来子供がいなくてもいいかな、とは正直思ってます。

 

難しいのは、結婚願望はないけど、パートナーという存在は欲しいということ。

心の拠り所、助け合える存在、そういうものは欲しいと思う。

 

単純に、恥ずかしいだけなのかもしれません。

これまでの人生、好きな人レベルならいたものの恋愛に生きるような人生ではなかったので、自分が恋愛してるということすら照れくさいわけです。

それが結婚だなんて、THE・女の幸せを喜ぶなんて、私にそんな資格はないと思ってるのかもしれません。

 

あさり氏は、女としての自信が著しく欠けているのです(見栄は張ってますが)。

 

それでも誰かに大切にしてもらえるというとはとても有難く、幸せなことで、そういう関係の先に「結婚」という節目があるなら、それはきっと重要な節目なのだろうと思います。

 

もう少し真面目に、考えてみようかなあ。